Logo of One World International School

インターナショナルスクール出身の芸能人や有名人

俳優・女優

テレビや映画で活躍する俳優・女優にとって、日本だけでなく、ハリウッドをはじめとする世界のエンターテイメント業界で活躍するためには英語は必須のスキルでしょう。

インターナショナルスクールに通っていた俳優をまとめました。

鈴木杏樹(すずき あんじゅ)

1969年9月23日生まれ

鈴木杏樹さんは、神戸のインターナショナルスクール「マリスト国際学校(MBIS)中・高等部」に在籍していましが、高等部在学中にCBSソニーにスカウトされ、会社の意向でイギリスに渡りました。そのため、同校高等部を中退しています。後に、「都立上野高等学校・通信制」を卒業しました。

イギリスでは学生時代に培った英語力を活かし、見事現地で歌手デビューを果たしました。

湾岸戦争を機に日本に一時帰国することとなり、そのまま現在まで日本で芸能活動を続けています。

 

鈴木杏樹さんが通われた「マリスト国際学校(MBIS)」は3歳児クラスから高等部までを擁する私立校で、1951年に創立されました。1972年にWASC認定を受け、さらに2017年には国際バカロレア(IB)認定校となっています。生徒数約350名、生徒の出身地は30カ国以上です。

水嶋ヒロ(みずしま ひろ)

1984年4月13日生まれ

俳優の中でも国際派と言われる水嶋ヒロさんは、小説家、実業家としても有名です。

小学校卒業までをスイス・チューリッヒのインターナショナルスクールで過ごしていた帰国子女で、帰国後は名門の桐蔭学園で学生生活を送りました。

チューリッヒという場所柄、水嶋さんはドイツ語も堪能とのことです。英語・日本語・ドイツ語のトリリンガルということになりますね。

内田也哉子(うちだ ややこ)

1976年2月11日生まれ

芸能ファミリーの大御所と言えば、内田裕也さんと樹木希林さん、そして一人娘の内田也哉子さんです。内田也哉子さんは女優、エッセイスト、歌手などマルチな才能を発揮して活躍中しています。夫は旧ジャニーズ事務所の元シブがき隊、本木雅弘さんです。

内田さんは幼少時に「西町インターナショナルスクール」に入学し、9歳にしてニューヨークへ1年間の留学をしました。高校時代にはフランス語を学びたいという思いからスイスのジュネーブへも留学をし、そのまま現地学校を卒業しています。

 

内田也哉子さんの3人のお子さんたちも、全員インターナショナルスクールに通っています。

長男、雅樂(うた):西町インターナショナルスクール→中学時代はスイス留学→高校からはアメリカへ

長女、伽羅(きゃら):都内のインターナショナルスクール→12歳からイギリス留学(中学はダウンハウス・スクール。高校はチャーターハウス・スクール)→ニューヨーク大学

次男、玄兎(げんと):幼少期は家族でイギリス在住だったため、現地にある学校へ→帰国後は都内のインターナショナルスクール

長女と次男のインターナショナルスクールの詳細は不明ですが、全員「西町インターナショナルスクール」ではないかと言われています。

 

「西町インターナショナルスクール」は元麻布の一等地にある幼小中一貫の名門校です。

1949年の設立で、クラスは少人数制をとっており、受験の倍率が高いことでも知られています。

WASC認定とCIS認定を受けており、教育レベルも国際水準に合っています。

約35の国籍、約470名の生徒が学んでいます。

宮沢氷魚(みやざわ ひお

1994年4月24日生まれ

宮沢さんの出身高校は「セントメリーズ・インターナショナルスクール」です。

大学は「カリフォルニア大学サンタクルーズ校」へ進学し、その後「国際基督教大学(ICU)」の教養学部に編入、同校を2017年に卒業しています。

 

「セントメリーズ・インターナショナルスクール」は、1954年に創立されたカトリック系の男子校です。国際バカロレアの認可校で、高等部ではDPの取得も可能です。

約50カ国の学生が集い、学問だけでなくスポーツにも力を入れています。

 

また、「国際基督教大学」といえば、眞子・佳子内親王殿下(皇族)、小室圭さん、渡辺心さん(フィギュアスケート選手)など、多くの著名人が在籍していた超がつく名門校です。

小出恵介(こいで けいすけ)

1984年2月20日生まれ

小出さんは、大企業の重役である父親の仕事の関係でインドのニューデリーで小学校時代を過ごし、当時は日本人学校とインターナショナルスクールの両方に通っていたとのことです。

高校は日本きっての名門校「慶応義塾高等学校」、「慶應義塾大学」へと進学し卒業しています。

アーティスト

個を尊重し、多様性を推奨するインターナショナルスクールの校風は、才能に溢れるアーティストたちにとって、最高の環境ではないでしょうか。

インターナショナルスクール出身のアーティストを紹介します。

宇多田ヒカル(うただ ひかる)

1983年1月19日生まれ

出身校がインターナショナルスクールである芸能人として、よく名前の挙がる宇多田ヒカルさん。

アメリカで生まれ、その後もアメリカと日本を行き来した生活を送っていたとのことです。

日本では、「アオバジャパン・インターナショナルスクール」へ入学し、その後「清泉インターナショナルスクール」へ編入、芸能活動が始まってから「アメリカンスクール・イン・ジャパン(ASIJ)」に転校しました。スクール卒業後はアメリカのコロンビア大学に進学しましたが、中途退学しています。

 

「清泉インターナショナルスクール」は1962年に創立されたカトリックの女子校で、国際バカロレア認定校です。同校はほかにも多くの芸能人に支持されており、有名人の令嬢が多く通っているようです。

 

「アメリカンスクール・イン・ジャパン(ASIJ)」は50カ国以上の国籍、約1,500名の生徒を抱えるスクールです。

大規模なスクールといえど教育がしっかり充実しており、名門校へ進学する生徒も多く実績があります。

m-flo(エム-フロウ)

☆Taku Takahashi(DJ)1974年3月29日生まれ

VERBAL(MC)1975年8月21日生まれ

LISA(ボーカル)1974年10月26日生まれ

 

3人組のユニットであるm-floは全員がインターナショナルスクール出身という異色のグループです。

まず1998年に「セントメリーズ・インターナショナルスクール」の同級生だった☆TakuとVERBALが活動をスタートさせ、「清泉インターナショナルスクール」に在籍していたボーカルのLISAが加入しました。両校は学校同士の交流があり、聖歌隊などの活動を介して親交を深めたそうです。

 

「清泉インターナショナルスクール」は言わずと知れた名門お嬢様スクールとして有名で、先述した宇多田ヒカルさんも在籍していました。

グループメンバーのひとりであるVERBALさんは、「セントメリーズ・インターナショナルスクール」からアメリカの「ボストン・カレッジ」に進学し、同国の証券会社に勤めた経歴もあるエリートアーティストです。

青山テルマ(あおやま てるま)

1987年10月27日生まれ

トリニダード・トバゴ人と日本人のクォーターである青山さんは、12歳まで日本で過ごしており、その間に「関西学院大阪インターナショナルスクール(OIS)」に通っています。

テルマさんの出身は奈良県ですが、当時は地元にインターナショナルスクールがなかったため、通学バスが発着する大阪の駅まで毎日自転車で通っていたという逸話もあります。

 

「関西学院大阪インターナショナルスクール」は幼稚園から高校までの一貫校で在校生の国籍は約35カ国以上、教員の国籍は、アメリカ・イギリス・オーストラリアを中心に約30カ国そろっています。国際バカロレアのPYP(初等部)・MYP(中等部)・DP(ディプロマプログラム)のカリキュラムすべてが受けられるスクールです。

 

また、青山テルマさんは「上智大学」の国際教養学部の卒業生でもあります。

上智大学国際教養学部と言えば、オールイングリッシュの授業で学位を取得できることで有名です。そこだけでもレベルの高い英語力がうかがえますね。

アスリート

スポーツ界は国内だけでなく世界的に活躍の場が広がっており、インタビューを現地で受けることもあります。自身の生活基盤を海外に置くアスリートも少なからずおり、その場合、英語が話せることが重要になるでしょう。

インターナショナルスクール出身のアスリートについて見ていきます。

鈴木 瑠奈 (すずき るな)

1996年12月25日生まれ

プロスノーボーダーの鈴木瑠奈さんは、幼稚園からインターナショナルスクールへ通っていました。その後「上智大学」の国際教養学部に進学しています。

 

「上智大学」にはすべて英語による授業で学位を取得する学部やコース(English-taught Programs)があり、国際教養学部はそのひとつです。

ご本人も、日本語よりも英語の方が気持ちの表現ができると言っている通り、英語は非常に堪能です。

高梨沙羅(たかなし さら)

1996年10月8日生まれ

女子スキージャンプ選手の高梨沙羅さんは、北海道上川郡上川町出身です。旭川市の「グレースマウンテン・インターナショナルスクール(GMIS)」に進学して、その後は高認(高等学校卒業程度認定試験)に合格し、「日本体育大学」に飛び級入学しました。

ソチ五輪・個人4位、北京五輪・個人4位と優秀な成績を残しています。

 

「グレースマウンテン・インターナショナルスクール」は小中高の一貫校で、全世界で7,000校以上の学校が導入している「A.C.E.教育システム」を採用しており、生徒一人ひとりのペースで学べるようになっています。

ダニエル太郎

1993年1月27日生まれ

テニス選手のダニエル太郎選手は、アメリカ人の父親と日本人の母親を持ち、ニューヨークに生まれ日本で育ちました。

文武両道を求めたご両親が日本中のスクールから「名古屋国際学園中学部」を選び抜き、ダニエル太郎さんは同校において学問に励み、テニスのスキルを磨きました。

その後は父親の仕事の関係でスペインに移住。そこを拠点にしながらアメリカの通信制高校「ローラルスプリングスクール高」に在籍していました。

 

「名古屋国際学園(名古屋インターナショナルスクール)」は愛知県内で唯一、国際バカロレアの全課程である、PYP(初等部)・MYP(中等部)・DP(ディプロマプログラム)が正式に認定されているスクールです。WASCとCISの認可校でもあります。

2018年の時点で生徒の国籍数は37カ国で、そのうちの80%が日本以外の外国籍です。

子どもをインターナショナルスクールに通わせている有名人

世界水準の教育と、生徒のプライバシーが守られるインターナショナルスクールは、有名人にとって魅力的なオプションに違いありません。

ここでは、有名人本人ではなく、そのお子さんが通ったインターナショナルスクールについてまとめました

鈴木紗理奈(すずき さりな)

鈴木紗理奈さんのひとり息子である莉音(りおと)さんは、幼稚園からインターナショナルスクールに通っていました。紗理奈さんのインスタグラムに掲載された制服姿から「セントメリーズ・インターナショナルスクール」ではないかと言われています。9歳からはイギリスのボーディングスクール(全寮制寄宿学校)に留学しています。

 

イギリスのボーディングスクールは、格式の高い名門校が多く、学費が高いです。平均的な学費は年間370万円から560万円ほどもします。

同級生には、政治家や資産家の家庭の子息令嬢が集っていることも珍しくありません。

ダルビッシュ有・紗栄子(だるびっしゅゆう・さえこ)

メジャーリーガーのダルビッシュ有さんと、タレント・実業家として活躍する紗栄子さんには2人の息子さんがいます。

どちらのお子さんも日本では「セントメリーズ・インターナショナルスクール」に通っていたと言われています。理由は、次男が莉音さん(鈴木紗理奈さんの息子さん)と同じクラスであることを、紗栄子さんがブログで明かしていたためです。

小学生だった長男のイギリスへの留学が決まったタイミングで、紗栄子さんは家族で生活の拠点をイギリスへ移しました。ダルビッシュ有さんとは離婚しているので、家族3人での移住となります。

その後、同国でパブリックスクール(名門私立校)に息子さんを進学させています。

 

パブリックスクールという呼び方は、アメリカでは「公立校」のことですが、イギリスでは「名門私立校」のことを指します。イギリスでの公立校は「ステイトスクール (State School)」です。

高岡早紀・保坂直樹(たかおか さき・ほさか なおき)

高岡早紀さん・保坂直樹さんは2人の男の子に恵まれました。

2004年の離婚後に、高岡さんは別のお相手との間に女の子を出産しており、計3人のお子さんがいます。

長男・次男共に、幼稚園から都内のインターナショナルスクールに通っていたようです。「西町インターナショナルスクール」ではないかと言われていますが、公言はされていません。

その後に2人ともハワイに留学しました。学校は「ハワイ・プレパラトリー・アカデミー」と言われています。

 

「ハワイ・プレパラトリー・アカデミー」は1949年創立。幼稚園から高校までの共学校です。

ハワイの神話・言語やウミガメ調査など、ハワイならではのユニークなコースが用意されています。スキューバー資格取得やキャンプなどアウトドアのプログラムも豊富です。

安室奈美恵(あむろ なみえ)

安室奈美恵さんと元夫のSAMさんのひとり息子・温大(はると)さんは、都内のインターナショナルスクールに通った後、高校からは「暁星国際高校」に転入しました。

都内のインターナショナルスクールは、江角マキコさんの息子さんと同じ「ケイ・.インターナショナルスクール東京(KIST)」ではないかと言われています。

また、タレントの東野幸治さんも次女のインターナショナルスクール時代に安室奈美恵さんの息子さんと同級生だったと公言しており、子ども間での親交があったようです。

 

「ケイ・.インターナショナルスクール東京(KIST)」は1997年に創立され、幼稚園から高校までの男女共学教育を提供しています。

全校生徒のうち日本国籍は約22%と国際色豊かな学園です。

まとめ

インターナショナルスクールは、世界的に水準の高い良質な教育が英語で受けられるとして注目されています。今回取り上げた著名人たちもみな、語学堪能で才能に溢れ、各分野で活躍している方ばかりです。

これからインターナショナルスクール進学を目指す際に、ロールモデルの一例として参考にしてみてください。

About Author
owis

owis

Admissions & Communications Director

Related Blog Posts