Logo of One World International School

インターナショナルスクールとは?進学するメリット・デメリットを解説

インターナショナルスクールとは?

インターナショナルスクールとは、もともとは両親の仕事の都合などで来日した外国籍の子どもたちを対象とした教育機関でした。現在は英語力のある日本国籍の子どもも通っています。クラスメイトが多国籍のため、異文化理解や多様性の尊重など、日本にいながらにして国際的視野を養うことが可能です。

 

基本的な学校生活は、授業を含めすべて英語で行われています。ひとつのインターナショナルスクールに「インターナショナルプリスクール/幼稚部(幼稚園相当)」「初等部(小学校相当)」「中等部(中学校相当)」「高等部(高校相当)」が一貫校として設置されている場合もあれば、一部の学年のみが対象となっている場合もあります。大学は含まれません。

プリスクールとの違いは?

プリスクールとは、幼児を対象とした英語教育施設のことです。インターナショナルスクールでも「幼稚部」や「インターナショナルプリスクール」が設置されているところもありますが、プリスクールとは異なります。インターナショナルプリスクールが英語が母国語の幼児を受け皿としているのに対して、プリスクールは英語を母国語としない幼児が対象です。

 

インターナショナルプリスクールもプリスクールも、対象年齢は3~5歳くらいです。

一般的な保育園・幼稚園との最大の違いは「英語を通して」やり取りを行うという点です。

また、スポーツや音楽、アートを積極的に取り入れたり、スクールによってはモンテッソーリやシュタイナー、イエナプランなど、西欧の教育法を取り入れたりするところもあります。

 

プリスクールは認可外保育施設ですが、一定の条件を満たせば幼児教育無償化の対象となり補助が受けられます。

インターナショナルスクールの特徴と日本の一般校との違い

一般的な日本の学校とインターナショナルスクールの最大の違いは、校内で使われる公用語です。一般的な日本の学校は日本語で、インターナショナルスクールは英語が使われています。

他にも、カリキュラムや学費などが異なります。詳しく見て行きましょう。

カリキュラム

一般校では「学習指導要領」に沿ったカリキュラムが組まれるため、日本全国どこに行っても均一の教育が受けられる利点があります。

一方インターナショナルスクールは、各スクールが独自の学校理念と教育メソッドを持ち、それぞれに特色や利点があります。

インターナショナルスクールのカリキュラムで、世界でも有名で信頼性の高いものとしては、バカロレアとケンブリッジがあります。

ケンブリッジ国際カリキュラム(CAIE=Cambridge Assessment International Education)は、英国ケンブリッジ大学が母体です。世界で最も普及している国際教育プログラムで、5〜19歳が対象です。

国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)は1968年に設置された教育プログラムで、世界各国で使える大学入学資格(国際バカロレア資格)を与えることで、大学進学を後押ししています。

学費

一般的な日本の学校(小学校~高校)とインターナショナルスクール(満5~18歳の場合)のおおよその学費をまとめました。

 

下記の小学校・中学校・高校の学費は、令和3年度子供の学習費調査(文部科学省)を参考にしています。学費には授業料のほか、給食費や学校外活動などが含まれています。

小学校 中学校 高校 インターナショナル スクール
年齢
満6~12歳
満13~15歳
満16~18歳の場合
満5~18歳の場合
期間
6年
3年
3年
最長13年
学費
公立:35万2,566
公立:53万8,799
公立:51万2,971円
約150万~300万円
(年間)
円 私立:166万6,949円
円 私立:143万6,353円
私立:105万4,444円 (全日制の場合)
受験
公立:なし
私立:あり
公立:なし
私立:あり
あり
あり

日本の一般的な公立校であれば小学校・中学校の義務教育の授業料は無償であり、2010年から公立高校、2020年からは私立高校も授業料が実質無償(所得制限有り)です。

小学校から高校までの12年間を一般の公立校で過ごすと約500万円の学費がかかり、私立校であれば約1,700万円かかります。

 

対してインターナショナルスクールは学費が高額で、2,400万~から3,600万円必要だと言われ、公立の学校に比べて4倍以上の差です。一部無償化の対象とは言え大部分を実費でカバーすることになり、教育を受けるためには安定した経済力が求められます。

学費以外にも、部活、習い事、塾など、学生生活を送る上で多くの出費をカバーしなくてはなりません。

入学時期・条件・試験

インターナショナルスクールの入学時期は、9月が基本です。空席ができ次第随時応募しているスクールも珍しくありません。

 

インターナショナルスクールの入学条件は、英語での教育環境についていけるだけの英語力が必要です。

学校関係の書類が英語で配布されるスクールもあるため、子どもの英語力だけでなく、少なくとも保護者1名は英語が堪能であることを条件にするスクールもあります。

その他、両親のどちらかが外国籍であることや、海外在住歴がある児童など、スクールによって条件は違いますので、その都度確認してください。


また、インターナショナルスクールの入学試験では、一般的な学力試験や面接、小論文の提出や保護者面談などが審査対象となります。保護者面談は英語か日本語か選べるところもありますが、受験者対象の試験は英語で行われることがほとんどです。

卒業資格と認可機関

一般的な日本の子どもたちは、小学校・中学校・高等学校(高校)を「一条校」と呼ばれる文部科学省に認可された学校に通学します。中学校を卒業すれば高校への入学資格が与えられます。

 

ところが、たいていのインターナショナルスクールは独自のカリキュラムに沿って無認可で運営されているため、そのままでは日本の高校や大学の入学必要条件の基準を満たせません。

 

インターナショナルスクールに通い、日本の高校の入学資格条件を満たすには、以下のような方法があります。

  • 中学校卒業程度認定試験を受験して合格する。

 

インターナショナルスクールに通い、日本の大学の入学資格条件を満たすには、以下のような方法があります。

  • 高等学校卒業程度認定試験を受験して合格する。
  • 国際的な評価団体(下記参照)の認定を受けているインターナショナルスクールの高等部を卒業する。
  • 国際的な大学入学資格国際である、国際バカロレア・アビトゥア・バカロレア・GCEAレベルなどを取得する。

 

国際的な評価団体

■WASC(Western Association of Schools and Colleges)

■CIS(Council of International Schools) ※旧ECIS

■ACSI(Association of Christian Schools International)

NEASC(New England Association of Schools and Colleges)

 

ただし、海外の大学では大学ごとに条件が違うので、問い合わせをしたほうがよいでしょう。

インターナショナルスクール卒業後の進路

  • 海外の大学へ進学
  • 英語で勉強できる日本の大学へ進学
  • 一般的な日本の大学へ進学

 

一般的なインターナショナルスクールでは英語での教育が行われており、卒業後の進路も海外への大学進学が主流となっています。

また、それ以外にも、「英語で授業が行われる日本の大学」や「日本の一般的な大学」などを希望する生徒もおり、進路は様々です。インターナショナルスクールに通うと英語力は身につくものの、日本語での試験に慣れていないため、日本の大学に進学する場合は日本語の対策も行うとよいでしょう。。

 

進学先が海外となると、個人では最新の情報が集めにくい場合もあります。

各インターナショナルスクールには独自に進学用のカウンセラーやアドバイザーが設置されているため、利用するとよいでしょう。CISなどの国際認可機関は、独自に大学進学サポートを設けています。

インターナショナルスクールへ進学するメリット

インターナショナルスクールへ進学すると一般校にはないさまざまなメリットを享受できます。

英語の環境が理想的

インターナショナルスクールでは、「英語を習う」のではなく「英語で習う」のが特徴です。

文法や定番のフレーズを習う英会話教室や塾での勉強とは一線を画しています。卒業後に海外に行ってからも、ネイティブスピーカーたちと変わらないペースで勉強を進めることができるでしょう。

教育水準が高くグローバルな感性が身につく

さまざまな国籍の子どもたちと学ぶ環境は、ニュートラルな姿勢で国際社会を見る目を養い、多様性の理解に役立ちます。

ケンブリッジ国際カリキュラムをはじめ、インターナショナルスクールで行われている「科目横断型の学び」は、物事を深く探求し、 多角的な考え方ができる人物の育成に役立つとして注目されています。

その他、体験型学習やSTEAM教育など、主体性のある思考をモットーとした教育が主流です。

家庭環境やバックボーンなどが似ている

インターナショナルスクールに通う生徒たちの保護者は、スクールに継続して通うだけの経済力と、国際的な感性を持っていることが多いです。保護者どうしの交流がしやすく、情報交換にも役立つでしょう。

卒業生どうしも、社会に出たあと同じような分野で活躍するかもしれません。インターナショナルスクールに通うことで、横のつながりを持ち、継続的に人脈を培うことができます。

インターナショナルスクールへ進学するデメリット

インターナショナルスクールへ通うのはメリットばかりではありません。実際にはどのようなデメリットがあるでしょうか。

とにかく費用がかかる

インターナショナルスクールは、学費だけでなく、塾や習い事などにもまとまった費用がかかります。

最近では年間授業料が150万円以下のインド系スクールなどもありますが、それでも月に約10万円以上が必要で、家計に大きな負担となります。

将来目指すものが日本語が必須なとき

警察官や政治家などの公職、弁護士や医者、その他日本国内の事務系の職業は高い日本語能力が必須です。

こういった職業を目指して大学に入る場合、入学試験はもちろん、入学後の授業も日本語で受けることとなります。それまで最長13年をほぼ英語ですごしてきた子どもにとって、学習言語が変わるのは大きなハードルとなりかねません。

英語力が思うように伸びるとは限らない

インターナショナルスクール内では、基本的には英語が公用語とされています。

従って、子どもの英語力が伸び悩んでしまうと、授業が理解できず、学力自体の低下が懸念されます。試験などで合格点とならなかった場合は、進級できないこともあるようです。

 

このほか、教師や学校方針と合わない、仕事で転勤になったなど不測の事態が起こったときに、一般校のようにそれまでと同じようなカリキュラムの学校が近くにあるとは限りません。地方に行くほど、スクールの数は減少します。選択肢の少なさもデメリットのひとつとなるでしょう。

インターナショナルスクール出身の芸能人・有名人

インターナショナルスクール出身の芸能人・有名人と言えば誰が思いつきますか。

芸能人や有名人が自分の子どもをインターナショナルスクールに通わせることもありますね。

彼らがインターナショナルスクールを選ぶ目的は、海外進出を想定した「英語力」、芸能人だから(または、芸能人の子供だから)といって目立たなくて済む「匿名性」、一定以上の経済力がある家庭の子どもたちが通う「治安の良さ」が理由ではないかと言われます。

インターナショナルスクール出身の芸能人・有名人

宇多田ヒカル

松田翔太

青山テルマ

水原希子

Koki,

宮沢氷魚 など

インターナショナルスクールに子どもを通わせている芸能人・有名人

赤西仁・黒木メイサ

藤本敏史・木下優樹菜

梅宮アンナ

ダルビッシュ有・紗栄子

東原亜希・井上康生

松山ケンイチ・小雪 など

まとめ

インターナショナルスクールは、日本に居ながらにして英語での学びや国際的視野を身につけられる教育機関です。将来的に海外への移住やビジネスを考えているのであれば、非常に魅力的な選択肢となります。

様々な条件がクリアできそうなら、まずは資料の問い合わせや学校見学をしてみてください。

About Author
owis

owis

Admissions & Communications Director

Related Blog Posts